フェニスと愉快な仲間たち

現在プレイ中のマビノギや、その他雑多なことを書いていきます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ついにマビノギの大型アップデート、C2が導入。

新しい大陸(イリア大陸)が実装され、マップの広さが何倍かになったらしい。

早速行ってみることに。
まずはバンホ-ルの南へ行き、船に乗る。
ちなみに途中センマイ居住区への道があるがこちらは通行止。
船はある程度定期的に運行されており、定員はおよそ30名?ほどなので、乗れない人が出るというほどではない。

航海中の船の映像は美しい。
mabinogi_2006_04_27_019.jpg
なぜ一人だけで乗ってるのかは内緒。

イリア大陸に到着すると簡単なチュートリアルがある。
この辺の親切さはマビノギならでは。
さらっと新しいシステムになじむことができる。

マップ。やたらと広い。
馬必須。
馬がない人の移動手段は、

1:マナトンネル
2:野生馬・野生ダチョウに乗る
3:誰かに乗せてもらう
4:がんばれ

mabinogi_2006_04_27_001.jpg
ダチョウに乗ってみる。

操作はできない。ゆえに楽。
ダチョウは砂漠と平原を結ぶように左回りで走っている。

mabinogi_2006_04_27_003.jpg
遠くに見えるのがマナトンネル。

従来のムーンゲートと異なり、昼間のみ使用可能。
また、行ったことのあるマナトンネルしか使えない。


mabinogi_2006_04_27_004.jpg
馬にも乗ってみた。
馬は平原内および砂漠内の二つで回ってるようだ。


mabinogi_2006_04_27_006.jpg
こんなところもある。
だがほとんどはだだっ広い草原か砂漠である。

ダンジョンにも行ってみる。

mabinogi_2006_04_27_008.jpg
ダンジョン名が面白い。
いわゆる下級扱い?のダンジョンらしい。

mabinogi_2006_04_27_010.jpg
通路が綺麗である。
こういう演出もできるのね。
部屋は床が半透明だし・・・・・ちなみに下からは覗けません(ナニガ

mabinogi_2006_04_27_012.jpg
敵が沸くとき、このようなメッセージが出ることがある。

それをたたくと・・・・・敵が消える。
戦わなくていいのはいいのだが、サンダーとかためてると悲惨w

mabinogi_2006_04_27_014.jpg

mabinogi_2006_04_27_015.jpg
ボス。
光るブーツ・・・・らしいのだがどう見てもテクスチャ貼り忘れてるようにしか見えない。
ちなみに動きは普通のガーゴでした。

イリア大陸、なぜか音楽がありません。
ないのはいいんだけど、マビノギのシステムバグとして、無音の場所は「曲を止める」の設定じゃなくて「曲を切り替えない」の設定のため、前になっていたBGMがそのままなり続けるという現象がある。
そのためさとみでプレイした時などは、たまたま誕生日だったため、ナオがいるところのふくろうの鳴き声とともにプレイし続けることに。
フェニスでダンジョン行った後は、ダンジョン入ったときの風の音がその後も延々と流れ続けることに。
これなんとかして欲しいものです。

おまけ
mabinogi_2006_04_27_026.jpg
夜明けの船上は美しかったです。

本日の撮影協力者:聖痕ギルドの仲間たち(各人名敬称略)
スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://fenice.blog31.fc2.com/tb.php/19-58965c5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。